: 米原市

新近江名所圖會 第369回 伊吹山の魅力が詰まったワンダーランド―米原市・伊吹山文化資料館―(後編)

雪晒の衣を着たキューピー

 前回は、伊吹山文化資料館の展示室の内容や雰囲気などをご紹介しましたが、今回は〔おすすめPoint〕と〔周辺のおすすめ情報〕です。 ◆おすすめPoint  資料館に来たら見たいものはいろいろあるのですが、とりわけ私のお気 […]Continue reading «新近江名所圖會 第369回 伊吹山の魅力が詰まったワンダーランド―米原市・伊吹山文化資料館―(後編)»

新近江名所圖會 第368回 伊吹山の魅力が詰まったワンダーランド―米原市・伊吹山文化資料館―(前編)

写真6 手作りの上平寺城跡の模型

 滋賀県の最高峰、伊吹山のふもとにある資料館は、廃校になった小学校を改装してつくられた資料館です。建物のつくりはそのままに、かつての教室がそれぞれ展示スペースとして活用されています。伊吹山に関する自然・歴史・民俗などの幅 […]Continue reading «新近江名所圖會 第368回 伊吹山の魅力が詰まったワンダーランド―米原市・伊吹山文化資料館―(前編)»

新近江名所圖會 第350回 鉱泉好きにははずせない―世継のかなぼう―

世継のかなぼう

 滋賀県は、琵琶湖を中心に、その源流域から河口部までのさまざまな水界が存在します。  とりわけ、米原市は県下最高峰の伊吹山の源流域から山麓、川の中下流域、平野部など、さまざまな地形環境に多様な湧水が見られる地域ですが、湖 […]Continue reading «新近江名所圖會 第350回 鉱泉好きにははずせない―世継のかなぼう―»

滋賀県埋蔵文化財地域展Ⅲ 米原市編2「縄文人のアートとキッチン」

入江内湖出土漆器

 今年で3回目となりました滋賀県埋蔵文化財地域展、昨年に引き続き米原市を取り上げ「縄文時代」に焦点をあてて展示を行います。 滋賀県埋蔵文化財センターを会場に夏休み期間中、縄文人の美的センスと食卓をお見せする展示をします。 […]Continue reading «滋賀県埋蔵文化財地域展Ⅲ 米原市編2「縄文人のアートとキッチン」»

調査員のおすすめの逸品 №294 取り巻く世界を広げてくれた縄文時代の丸木舟-米原市入江内湖遺跡出土丸木舟

写真1 入江内湖5号丸木舟出状況

 今回私が紹介する逸品は、縄文時代の丸木舟です。縄文時代の丸木舟は、全国で120艘ほど出土しています。その名の通り、丸木をくりぬいて舟にしたものです。金属をまだ知らなかった縄文人たちは、石の斧でこの舟を作っていました。形 […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 №294 取り巻く世界を広げてくれた縄文時代の丸木舟-米原市入江内湖遺跡出土丸木舟»

滋賀県埋蔵文化財地域展Ⅱ 米原市編1「道が交わるところ-役所と城」

三大寺遺跡出土軒瓦

   今年で2回目となりました滋賀県埋蔵文化財地域展、今年度は米原市を取り上げ、道にまつわる古代から中世の役所と城に焦点をあてて展示を行います。   ※展示会場で配布していたパンフレットはコチラからダウンロードできます。 […]Continue reading «滋賀県埋蔵文化財地域展Ⅱ 米原市編1「道が交わるところ-役所と城」»

調査員のオススメの逸品 第239回 五輪塔の井戸-中世の宗教観を考える-

滋賀県米原市清滝の山あいに、鎌倉時代中頃から続く武家の名門として知られる京極家の菩提寺「清瀧寺(せいりゅうじ)」があります。 同寺の創建期には東山道が近接しており、周辺一帯の「柏原」の中心は戦国期までは清滝をさしました。 […]Continue reading «調査員のオススメの逸品 第239回 五輪塔の井戸-中世の宗教観を考える-»

新近江名所圖會 第259回 井伊家ゆかりの社殿-礒崎神社

写真4

 彦根から湖岸道路を北へと走り米原市との境近くに差し掛かると、右手に琵琶湖に突き出したような山が見えてきます。今回はこの山=磯山(いそやま)に鎮座する礒崎(いそざき)神社についてご紹介します。  礒崎神社は日本武尊(ヤマ […]Continue reading «新近江名所圖會 第259回 井伊家ゆかりの社殿-礒崎神社»

調査員のおすすめの逸品149 「コンパニオン・アニマル?!-米原市能仁寺跡でみつかった埋葬骨-」

能仁寺跡の中世墓(復元)

鎌倉時代以来の武家の名門・京極家の菩提寺「清瀧寺徳源院(せいりゅうじとくげんいん)」を中心とする「清滝寺(きよたきてら)遺跡」の一画に、京極高詮の寺「能仁寺(のうにんじ)」跡があります(HP新近江名所圖会第17回参照)。 […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品149 「コンパニオン・アニマル?!-米原市能仁寺跡でみつかった埋葬骨-」»

新近江名所圖会 第142回 「寝物語の里」―国境のムラ―

国境の溝とモニュメント

(米原市)  「寝物語」―“男女が同じ寝所で話をする”― このように連想するのが一般的かと思います。『千夜一夜物語』を思い浮べる方もいるかもしれません。そうした艶っぽい話とは少し違って、近江には「寝物語の里」といわれる場 […]Continue reading «新近江名所圖会 第142回 「寝物語の里」―国境のムラ―»