滋賀リビングカルチャー倶楽部連携企画『近江歴史探訪-文化財からみた近江の歴史』

歓喜寺城の石垣(大津市大物(旧志賀町))

滋賀リビングカルチャー倶楽部と連携で開催する連続講座のお知らせです。 当協会の誇る歴史、文化財の専門家がさまざまな切り口で文化財からみた近江の歴史を楽しく、わかりやすく解説します。妻子の調査成果や研究成果をふんだんに盛り […]Continue reading «滋賀リビングカルチャー倶楽部連携企画『近江歴史探訪-文化財からみた近江の歴史』»

紀要 第31号(2018.3)☆

紀要31号表紙軽

紀要 第31号 公益財団法人滋賀県文化財保護協会 2018年3月 タイトル 執筆者 前期土偶の根本的性質と展開過程 (瀬口眞司) 近江の埴輪棺墓と地域間交流 (宮村誠二) 県内出土の木製人形代について (中村智孝) 古代 […]Continue reading «紀要 第31号(2018.3)☆»

琵琶湖の宝『琵琶湖八珍』 料理の人気投票結果発表!

ビワマスのお造り

「琵琶湖の宝『琵琶湖八珍』」の写真パネル展を平成30年3月3日(土)~3月29日(木)に草津市のAスクエア内SARA東館2階Aプレイスで開催しました。  そのときに、琵琶湖の食材をつかった料理の人気投票を実施しました(4 […]Continue reading «琵琶湖の宝『琵琶湖八珍』 料理の人気投票結果発表!»

おうみ文化財通信 vol.35 2018 Spring

23号1・4p OL

平成30年4月1日刊行  ・【調査速報】長浜市西浅井町塩津港出土品「船材の保存処理終了、公開に向けて」  ・【募集】ダイレクトメールのご案内   【イベント案内】2018びわこ文化公園 みどりのつどいフェステバル「古代体 […]Continue reading «おうみ文化財通信 vol.35 2018 Spring»

平成30年度連続講座-受付は終了しました

 毎年開催している連続講座も12年目を迎えます。受講者の方には好評をいただいている『文化財もの知り学「新発見!発掘調査員が語る近江の遺跡と歴史』ですが、2018年度講座の受講者を募集しています。滋賀県の歴史に興味のある人 […]Continue reading «平成30年度連続講座-受付は終了しました»

おうみ文化財通信 vol.34 2018 Winter

34号1・4pL.O済

平成30年1月1日刊行  ・【調査速報】大津市大津廃寺跡「江戸時代の水道屋さん」  ・【よみもの】琵琶湖文化館収蔵品紹介「大通寺古墳群の炊飯具セット」   【イベント案内】第110回埋蔵文化財センター研究会「土の中から歴 […]Continue reading «おうみ文化財通信 vol.34 2018 Winter»

大津市椿谷遺跡地元説明会(2017.12.10)配布資料

IMGP0144

◆滋賀県教育委員会および公益財団法人滋賀県文化財保護協会では、NEXCO西日本が工事を進めている近畿自動車道名古屋神戸線(新名神高速道路)の工事に伴い、椿谷遺跡の発掘調査を実施しています。  今回の調査によって、田上山の […]Continue reading «大津市椿谷遺跡地元説明会(2017.12.10)配布資料»

調査員オススメの逸品 第222回 ないものは自分で作れ!―自作スチーマーの話 前編―

スチーマープロトタイプ

 みなさんこんにちは。私たちの仕事は、外で汗流して泥だらけになりながら発掘調査するだけではありません。発掘調査で出土した土器や木器を整理して、発掘調査報告書にまとめ、刊行する仕事があります。報告書の刊行をもって発掘調査は […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第222回 ないものは自分で作れ!―自作スチーマーの話 前編―»

新近江名所圖會 第263回 安土の笏谷石タイル

2 安土城跡大手道

 天正3年(1575)、長篠の合戦で武田勝頼を破った織田信長は、11月28日、家督と居城の岐阜城を嫡男信忠に譲り、自身は愛用の茶道具のみを携えて重臣佐久間信盛の屋敷へ御座を移し、翌年の1月中旬に丹羽長秀を総奉行として安土 […]Continue reading «新近江名所圖會 第263回 安土の笏谷石タイル»

調査員オススメの逸品 第221回 江戸時代の水道職人 ‐大津廃寺跡の上水道施設‐

写真3

 平成29年5~7月にかけて滋賀県庁前にある大津廃寺跡の発掘調査を担当しました(写真1)。現在は出土した遺物や記録した図面・写真などとともに、安土城考古博物館内にある整理室に移って整理調査を行っています。  大津廃寺跡は […]Continue reading «調査員オススメの逸品 第221回 江戸時代の水道職人 ‐大津廃寺跡の上水道施設‐»