作成者別アーカイブ: 滋賀県文化財保護協会

調査員のおすすめの逸品 №347ー食生活を支えた縄文人の知恵~アク抜きした”とち”の実を食す~

写真1 外皮に覆われた”とち”の実

 実りの秋を迎え、果実や木の実が美味しい季節となりました。これらには昔から食されてきたものがある一方、現代ではほとんど食べられなくなったものもあります。“とち”の実もそのひとつです。近年では、多くは“とち餅”として、観光 […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 №347ー食生活を支えた縄文人の知恵~アク抜きした”とち”の実を食す~»

カテゴリー: よみもの, オススメの逸品 | タグ: , , , | 調査員のおすすめの逸品 №347ー食生活を支えた縄文人の知恵~アク抜きした”とち”の実を食す~ はコメントを受け付けていません

ホームページの移行作業等業務委託にかかる質問の回答について

令和4年11月16日に締め切りました「公益財団法人滋賀県文化財保護協会ホームページ移行作業等業務委託」にかかる質問の回答は以下の通りです。 ◆質問に対する回答(PDF:約800KB)Continue reading «ホームページの移行作業等業務委託にかかる質問の回答について»

カテゴリー: お知らせ | タグ: | ホームページの移行作業等業務委託にかかる質問の回答について はコメントを受け付けていません

【まもなく締め切り!】歴史文化遺産ガイド育成講座・初級編のご案内【受講生募集:~12/2】

ガイド育成講座のようす

締め切り(~12/2)まであと少し! ■■■■歴史文化遺産ガイド育成講座【初級編】受講生募集■■■■ わたしたち公益財団法人滋賀県文化財保護協会では、文化財の魅力を発信する社会貢献事業の一環として、歴史文化遺産ガイド育成 […]Continue reading «【まもなく締め切り!】歴史文化遺産ガイド育成講座・初級編のご案内【受講生募集:~12/2】»

カテゴリー: お知らせ, 未分類 | タグ: , | 【まもなく締め切り!】歴史文化遺産ガイド育成講座・初級編のご案内【受講生募集:~12/2】 はコメントを受け付けていません

調査員のおすすめの逸品 №346ー関東からやってきた祭りの石

小川原遺跡出土の石棒

 写真にある細長い石は縄文時代に流行する石棒(せきぼう)と呼ばれるお祭りの道具です。縄文時代中期終わり頃からから後期の初め頃には、頭に笠をもつ男根状を呈しますが、縄文時代後期の中頃になると写真のような棒状のものが使われる […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 №346ー関東からやってきた祭りの石»

カテゴリー: よみもの, オススメの逸品 | タグ: , | 調査員のおすすめの逸品 №346ー関東からやってきた祭りの石 はコメントを受け付けていません

新近江名所圖會 第383回 岩間寺(いわまでら)―大津市と宇治市の境の山寺

遥拝所も設けられている長寿桂

 岩間寺は正式には岩間山正法寺(しょうほうじ)と称し、真言宗醍醐派、西国三十三所第十二番札所としてよく知られ、滋賀県大津市と京都府宇治市の境にある標高443mの岩間山の中腹にあります。  この寺の始まりは、縁起によると、 […]Continue reading «新近江名所圖會 第383回 岩間寺(いわまでら)―大津市と宇治市の境の山寺»

カテゴリー: よみもの, 新近江名所図会 | タグ: , , , , | 新近江名所圖會 第383回 岩間寺(いわまでら)―大津市と宇治市の境の山寺 はコメントを受け付けていません

『インタビュー/調査員の履歴書』№9 「はじまりはチャンバラ時代劇」

Q.お名前と所属を教えてください。 A.山口誠司(やまぐちせいじ)です。調査課に所属しています。 Q.現在はどんな仕事を担当されていますか? A.県内各地で発掘調査に従事しています。これまでに調査を担当した遺跡として佐和 […]Continue reading «『インタビュー/調査員の履歴書』№9 「はじまりはチャンバラ時代劇」»

カテゴリー: よみもの, 調査員の履歴書 | 『インタビュー/調査員の履歴書』№9 「はじまりはチャンバラ時代劇」 はコメントを受け付けていません

『インタビュー/調査員の履歴書』№8「ほんの偶然が僕を動かしたかも…」

Q:お名前と所属部署を教えてください A:神保忠宏(じんぼただひろ)と言います。調査課で発掘調査を担当しています。 Q:小さい頃はどんなことをしていましたか。 A:絵や図を描くのが好きでした。中学生のころからボードシミュ […]Continue reading «『インタビュー/調査員の履歴書』№8「ほんの偶然が僕を動かしたかも…」»

カテゴリー: よみもの, 調査員の履歴書 | 『インタビュー/調査員の履歴書』№8「ほんの偶然が僕を動かしたかも…」 はコメントを受け付けていません

新近江名所圖會 第382回 大津宿を訪ねて―逢坂(おおさか)峠から浜大津付近までを歩く―

逢坂山関址の石碑近くの常夜灯

 江戸時代にたいへん賑わっていた、大津宿の逢坂峠から浜大津付近までを歩いてみました。大津宿は、江戸時代に大名などが参勤交代に利用した、東海道に設けられた宿です。京都から大津宿までは、3里(約12km)の道のりでした。   […]Continue reading «新近江名所圖會 第382回 大津宿を訪ねて―逢坂(おおさか)峠から浜大津付近までを歩く―»

カテゴリー: よみもの, 新近江名所図会 | タグ: , | 新近江名所圖會 第382回 大津宿を訪ねて―逢坂(おおさか)峠から浜大津付近までを歩く― はコメントを受け付けていません

『インタビュー/調査員の履歴書』№7「関西に来た東北人」

とある調査の一コマ

Q.お名前と所属部署を教えてください。 A.調査課の佐藤巧庸(さとう こうよう)と申します。大学院を卒業後、当組織に所属して3年目になります。 Q.現在はどんな仕事を担当されていますか? A.滋賀県内の遺跡を発掘調査して […]Continue reading «『インタビュー/調査員の履歴書』№7「関西に来た東北人」»

カテゴリー: よみもの, 調査員の履歴書 | タグ: | 『インタビュー/調査員の履歴書』№7「関西に来た東北人」 はコメントを受け付けていません

開館30周年記念・令和4年度秋季特別展『里帰り!日本最大の銅鐸-太古の響きを安土の地で』

R4akiten-zuroku軽

開館30周年記念・令和4年度秋季特別展図録 「里帰り!日本最大の銅鐸-太古の響きを安土の地で」 2022年10月 A4 91頁 発行:滋賀県立安土城考古博物館 定価:1,100円 送料:150円(1冊のみ注文の場合  安 […]Continue reading «開館30周年記念・令和4年度秋季特別展『里帰り!日本最大の銅鐸-太古の響きを安土の地で』»

カテゴリー: 刊行物, 博物館図録 | タグ: , , , , | 開館30周年記念・令和4年度秋季特別展『里帰り!日本最大の銅鐸-太古の響きを安土の地で』 はコメントを受け付けていません