: 膳所藩

新近江名所圖會 第351回 擬宝珠(ぎぼし)に残る江戸時代のおもかげ―瀬田の唐橋―

写真3 「天明五年」と「明治八年」の銘文の擬宝珠

 近江八景の一つ「瀬田の夕照」で知られる瀬田の唐橋(写真1)については新近江名所圖会第42回・第58回にて紹介されていますが、今回は少し違った視点から唐橋をご紹介したいと思います。  唐橋は古代より畿内と東日本を結ぶ橋と […]Continue reading «新近江名所圖會 第351回 擬宝珠(ぎぼし)に残る江戸時代のおもかげ―瀬田の唐橋―»

新近江名所圖会 第321回 戦国時代の神社建築-草津市新宮神社

本殿

 南草津駅東側に位置する草津市野路一帯は旧東海道がその中心部を通り、平安時代後期から鎌倉時代にかけて「野路宿」が置かれた交通の要衝の一つでした。野路の名は『玉葉』や『十六夜日記』といった古記録などにも見られ、「萩の玉川( […]Continue reading «新近江名所圖会 第321回 戦国時代の神社建築-草津市新宮神社»