: 横山丘陵

新近江名所圖会 第341回 長浜平野を拓いた人物が眠る墓-長浜茶臼山古墳

写真3 茶臼山古墳

 長浜市と米原市旧山東町との境に連なる横山丘陵。そのもっとも北の部分は、龍が伏(臥)せたような姿に似ていることから「臥龍山」と、先端部は龍の鼻先を模して「龍ヶ鼻」と地元では呼ばれています。この場所は、すぐ近くを姉川が流れ […]Continue reading «新近江名所圖会 第341回 長浜平野を拓いた人物が眠る墓-長浜茶臼山古墳»