: 弥生時代

令和3年度秋季特別展『黎明-東西文化が共生した先史時代の近江 』

R3秋表紙軽

令和3年秋季特別展『黎明-東西文化が共生した先史時代の近江 2021年10月 A4 80頁 発行:滋賀県立安土城考古博物館 定価:700円 送料:150円(1冊のみ注文の場合  日本列島にさまざまな地域色をもって展開した […]Continue reading «令和3年度秋季特別展『黎明-東西文化が共生した先史時代の近江 』»

伊庭 功

【入社年】 昭和60年(1985年)※県派遣 【執筆歴等】 【書籍等】 伊庭功(1992)「湖底に眠る縄文の世界」『湖の国の歴史を読む』渡辺誠編 新人物往来社 伊庭功(1994)「粟津貝塚の調査」『縄文の湖―琵琶湖粟津貝 […]Continue reading «伊庭 功»

中村 健二

【入社年】 平成元年(1989年) 【執筆歴等】 【論文等】 中村健二(1991)「近畿地方における縄文晩期の墓制について」『古代文化』第43巻1号 財団法人古代学協会 中村健二(1994)「近畿地方縄文文化のお墓-縄文 […]Continue reading «中村 健二»

松室 孝樹

【入社年】 平成4年(1992年)※県派遣 【執筆歴等】 【論文等】 上垣幸徳・松室孝樹(1996)「石組みの煙道を持つカマド -古代の暖房施設試論-」『紀要』第9号 財団法人滋賀県文化財保護協会 松室孝樹(1996)「 […]Continue reading «松室 孝樹»

調査員のおすすめの逸品 №287 いにしえ人のイレズミ-赤野井浜遺跡出土黥面土偶と土偶形容器

写真1 黥面土偶

 このコーナーでは、縄文時代の出産を表す逸品(調査員の逸品No.20)、 最果てのハート形土偶-小川原遺跡(甲良町)-(調査員の逸品No.169)と2点の土偶を紹介してきました。今回は、縄文時代の出産を表す逸品として紹介 […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 №287 いにしえ人のイレズミ-赤野井浜遺跡出土黥面土偶と土偶形容器»

おうみ文化財通信 vol.41 2019 Autamn

41号CS6表面

令和元年10月1日刊行  【調査速報】将棋の駒「王将」を発見-長浜市塩津港遺跡  【展示案内】「湖東三山金剛輪寺の名宝~琵琶湖文化館寄託品里帰り特別公開~」  【展示案内】滋賀県立安土城考古博物館 令和元年秋季特別展「『 […]Continue reading «おうみ文化財通信 vol.41 2019 Autamn»

調査員のおすすめの逸品№256 大中の湖南遺跡出土の独鈷石

写真2長浜市山階町出土独鈷石[両頭石斧](滋賀県立琵琶湖文化館蔵)

 大中の湖南遺跡(近江八幡市・東近江市)は、安土城跡、観音寺城跡、瓢簞山古墳とともに近江風土記の丘を構成する国指定史跡の1つです。昭和39年(1964年)に大中の湖の干拓工事中に発見され、滋賀県教育委員会が昭和41年まで […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品№256 大中の湖南遺跡出土の独鈷石»

新近江名所圖會第242回 県立琵琶湖博物館の地下に眠る弥生人のムラ・玉作工房-草津市烏丸崎遺跡

 みなさんは、草津市にある滋賀県立琵琶湖博物館ってご存知ですか?年間34万人を超える(2015年度:同館年報20号より)方が訪れるこの博物館は、「湖と人間」をメインテーマに、びわ湖やびわ湖に関わる人々の歴史や文化、びわ湖 […]Continue reading «新近江名所圖會第242回 県立琵琶湖博物館の地下に眠る弥生人のムラ・玉作工房-草津市烏丸崎遺跡»

第51回企画展 よみがえる弥生のムラ-大中の湖南遺跡 発掘50年

よみがえる弥生のムラ

第51回企画展図録 「よみがえる弥生のムラ-大中の湖南遺跡 発掘50年」 2015年7月 A4 27頁 発行:滋賀県立安土城考古博物館 定価:500円 送料:150円(1冊のみ注文の場合  滋賀県教育委員会が昭和39年( […]Continue reading «第51回企画展 よみがえる弥生のムラ-大中の湖南遺跡 発掘50年»