: 三間社流造

新近江名所圖會 第289回 国内最古級となる三間社流造の神社本殿  東近江市金貝遺跡

写真1 神社本殿復元図(大阪人間科学大学准教授(当時) 大上直樹氏作成)

◆概要 金貝遺跡は東近江市八日市に所在する遺跡です。愛知川中流域に形成された扇状地の左岸に位置しています。この遺跡からは平成20年に行われた発掘調査で、奈良時代後半の神社本殿と考えられる建物が見つかりました。 見つかった […]Continue reading «新近江名所圖會 第289回 国内最古級となる三間社流造の神社本殿  東近江市金貝遺跡»

新近江名所圖會 第284回 「彦根」の語源?ー近江八幡市・活津彦根神社(いくつひこねじんじゃ)

活津彦根神社の入り口

織田信長の安土城で有名な近江八幡市安土町には、古い歴史を持つ社寺がいくつかあります。このうち神社では、『延喜式』に記載のある沙沙貴神社が有名ですが、もう一つ注目していただきたい神社があります。それが活津彦根神社です。 活 […]Continue reading «新近江名所圖會 第284回 「彦根」の語源?ー近江八幡市・活津彦根神社(いくつひこねじんじゃ)»