江戸時代に盛んに刊行された『名所図会』は、寺社・旧跡・地名・景勝地などの由来や来歴の解説と、景色を描いた挿絵からなる案内地誌です。
『新近江名所図会』は現代版『名所図会』をめざし、定番のスポットから知る人ぞ知る隠れたスポットを、おすすめPointを交えながら紹介していきます。
江戸時代さながら、滋賀の名所に足を運んでみては!

新近江名所圖會 第370回 琵琶湖の水位と幻の城―大津市坂本城の湖中の石垣―

写真1 湖中から顔を出した石垣①

 最近、琵琶湖の水位が近年と比較して著しく低下していることが話題になっていることご存じでしょうか(2021年11月〜12月)。 秋は晴れが続くことが多く、年間の降水量も最も少ない時期であることに加え、琵琶湖の水位に大きく […]Continue reading «新近江名所圖會 第370回 琵琶湖の水位と幻の城―大津市坂本城の湖中の石垣―»

新近江名所圖會 第369回 伊吹山の魅力が詰まったワンダーランド―米原市・伊吹山文化資料館―(後編)

雪晒の衣を着たキューピー

 前回は、伊吹山文化資料館の展示室の内容や雰囲気などをご紹介しましたが、今回は〔おすすめPoint〕と〔周辺のおすすめ情報〕です。 ◆おすすめPoint  資料館に来たら見たいものはいろいろあるのですが、とりわけ私のお気 […]Continue reading «新近江名所圖會 第369回 伊吹山の魅力が詰まったワンダーランド―米原市・伊吹山文化資料館―(後編)»

新近江名所圖會 第368回 伊吹山の魅力が詰まったワンダーランド―米原市・伊吹山文化資料館―(前編)

写真6 手作りの上平寺城跡の模型

 滋賀県の最高峰、伊吹山のふもとにある資料館は、廃校になった小学校を改装してつくられた資料館です。建物のつくりはそのままに、かつての教室がそれぞれ展示スペースとして活用されています。伊吹山に関する自然・歴史・民俗などの幅 […]Continue reading «新近江名所圖會 第368回 伊吹山の魅力が詰まったワンダーランド―米原市・伊吹山文化資料館―(前編)»

新近江名所圖會 第367回 自然と文化が融合する場所―大津市瀬田・びわこ文化公園―

写真3 「夕照の庭」の夕照1

 滋賀県埋蔵文化財センターのあるびわこ文化公園は、第162回の新近江名所図会で、紅葉の名所としてすでに紹介されています。11月末の公園内は紅葉と落葉が見られ、冬を感じる季節となっています。新型コロナウイルス感染症の世界的 […]Continue reading «新近江名所圖會 第367回 自然と文化が融合する場所―大津市瀬田・びわこ文化公園―»

新近江名所圖會 第366回 安土城と同年代の神社建築―近江八幡市安土町・奥石(おいそ)神社―

写真3 奥石神社本殿

 歴史好きのかたの中でも戦国時代や安土桃山時代は特に人気の高い時代かと思います。私もその一人で、休みの日にはお城めぐりなどをすることもあります。  ただ、お城めぐりはもちろん楽しいのですが、安土桃山時代以前の城郭建築が現 […]Continue reading «新近江名所圖會 第366回 安土城と同年代の神社建築―近江八幡市安土町・奥石(おいそ)神社―»

新近江名所圖會 第365回 鈴鹿峠越えの安全を祈る―甲賀市土山(つちやま)町・田村神社―

写真1 田村神社第一鳥居

 東海道の難所のひとつである鈴鹿峠。そのたもとで古来より旅人が交通安全を祈願した田村神社があります。御祭神として平安時代の征夷大将軍として高名な坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)(758~811)、第11代垂仁(すい […]Continue reading «新近江名所圖會 第365回 鈴鹿峠越えの安全を祈る―甲賀市土山(つちやま)町・田村神社―»

新近江名所圖會 第364回「おごれる人も久しからず」・・・もう一つの平家終焉の地―野洲市平宗盛公胴塚―

写真2 平宗盛公胴塚

 寿永4年(1185)3月24日、平氏は、源氏との最後の戦いである壇ノ浦の戦いに敗れ、滅亡しました。戦いの舞台となった壇ノ浦は、平家終焉の地として有名です。  ところで、この戦いにおいて平氏の総大将だった人物は誰でしょう […]Continue reading «新近江名所圖會 第364回「おごれる人も久しからず」・・・もう一つの平家終焉の地―野洲市平宗盛公胴塚―»

新近江名所圖會 第363回 山間の田んぼの中に黒い物体が・・・―檜尾神社の黒鳥居―

写真1 田んぼの中の黒鳥居

 三重県伊賀市と滋賀県甲賀市甲南(こうなん)町のあたりは、小さな丘陵の谷間を縦横無尽に通る道がたくさんあり、自転車やオートバイでお散歩するのがとても楽しいところです。どこが県境か分かり難く、気が付けば三重県を走っていたり […]Continue reading «新近江名所圖會 第363回 山間の田んぼの中に黒い物体が・・・―檜尾神社の黒鳥居―»

新近江名所圖會 第362回 巨木が見守る湖岸の古社―大津市石坐神社(後編)

写真5 裏口にある小ぶりな社号票

 前回の第361回では神社の沿革、心地よい境内の雰囲気をご紹介しましたが、今回は細かな観察による、おすすめポイントの紹介です。 ◆おすすめポイント  ■二つの社号票  境内の正面口は、社地の北に接している東海道側にありま […]Continue reading «新近江名所圖會 第362回 巨木が見守る湖岸の古社―大津市石坐神社(後編)»

新近江名所圖會 第361回 巨木が見守る湖岸の古社―大津市石坐神社(前編)

写真2 本殿のやや西南にある榎の巨木

 石坐(いわい)神社は大津市西の庄に所在する神社です。大津市南部の市街地の中―なにを隠そう、当方の住まいのすぐ近所にあります。市街地であるものの、榎の巨木が繁茂する境内はいつも美しく掃き清められて、個人的にお気に入りの場 […]Continue reading «新近江名所圖會 第361回 巨木が見守る湖岸の古社―大津市石坐神社(前編)»