江戸時代に盛んに刊行された『名所図会』は、寺社・旧跡・地名・景勝地などの由来や来歴の解説と、景色を描いた挿絵からなる案内地誌です。
『新近江名所図会』は現代版『名所図会』をめざし、定番のスポットから知る人ぞ知る隠れたスポットを、おすすめPointを交えながら紹介していきます。
江戸時代さながら、滋賀の名所に足を運んでみては!

新近江名所圖会 第335回 真野の入江と2つの神社-大津市神田神社

真野の入江の碑

 JR湖西線堅田駅から北へ、真野川を越えたところに東西に少し開けた場所があります。この地は現在真野と呼ばれているように、真野氏が居住していたと考えられます。真野氏は持統天皇4年(690年)に和邇部臣から分かれたとされ、和 […]Continue reading «新近江名所圖会 第335回 真野の入江と2つの神社-大津市神田神社»

新近江名所圖会 第334回 おうみの匠をたずねて-紺喜染織(湖南市下田)-

写真3 だんだん青くなってきました

 先日、湖南市下田(旧甲西町)の紺喜染織さんに藍染の体験に寄せてもらいました。 今やほとんど見かけなくなった「紺屋さん」は、そめものを生業にする職人の中でも特に藍染めに特化した職人です。昔は農家が木綿や麻を栽培し、各家で […]Continue reading «新近江名所圖会 第334回 おうみの匠をたずねて-紺喜染織(湖南市下田)-»

新近江名所圖会 第333回 じつは光秀だけじゃない?あの人ともつながりがあるお寺-大津市西教寺

写真3 客殿

 NHK大河ドラマ『麒麟が来る』の放送を機に明智光秀ゆかりの地をめぐる方々が増えているようです。今回はそうした光秀ゆかりの地の一つとして大津市の西教寺をご紹介します。  京阪石山坂本線の坂本比叡山口駅で下車し、西へ向かう […]Continue reading «新近江名所圖会 第333回 じつは光秀だけじゃない?あの人ともつながりがあるお寺-大津市西教寺»

新近江名所圖会 第332回 登って辿る近江の歴史-東近江トレイル猪子山〜繖山(東近江市)ー

写真2 きれいに整備された登山道

 東近江市に所在する猪子(いのこ)山から繖(きぬがさ)山にかけて縦走する約7㎞程度のトレッキングルートを紹介します。このルートでは、近江の豊かな自然と共に、そこで築かれた歴史の一部を垣間見ることができます。岩船神社から急 […]Continue reading «新近江名所圖会 第332回 登って辿る近江の歴史-東近江トレイル猪子山〜繖山(東近江市)ー»

新近江名所圖会 第331回 近江天保一揆の舞台に佇む天保義民碑(野洲市)

写真2 天保義民碑

 みなさんは「天保義民」という言葉をご存じでしょうか。江戸時代後期の天保年間(1831~1845)に各地で百姓一揆が起きた際に犠牲になった人々のことを指しています。近江国内でも天保13年(1842年)10月に野洲・栗太・ […]Continue reading «新近江名所圖会 第331回 近江天保一揆の舞台に佇む天保義民碑(野洲市)»

新近江名所圖会 第330回 まさに異空間、学校の裏山の仏たちの世界-野洲市福林寺跡の磨崖仏群-

写真2 如来像と観音立像

 7世紀後半~8世紀初めの白鳳期には、畿内を中心として各地に数多くの寺院が建立されました。この時期に建てられた寺院を白鳳寺院と呼びます。『日本書紀』と『扶桑略記』の記述によれば、全国の寺院数は、日本最古の本格的な寺院であ […]Continue reading «新近江名所圖会 第330回 まさに異空間、学校の裏山の仏たちの世界-野洲市福林寺跡の磨崖仏群-»

新近江名所圖会 第329回 膳所藩主の御殿とその庭園-大津市瓦濱御殿・庭園

写真2 本多神社境内「石棺」

○膳所城とその遺構  膳所城は大津市膳所の湖岸にあった江戸時代のお城です。現在は本丸部分が膳所公園となり、お花見の名所として御存知の方が多いのではないでしょうか。 膳所城は関ケ原の合戦後、徳川家康が京への備えとして慶長6 […]Continue reading «新近江名所圖会 第329回 膳所藩主の御殿とその庭園-大津市瓦濱御殿・庭園»

新近江名所圖会 第328回 天井川は生きている-草津市草津川跡地公園

写真3 湧き出る水

草津川といえば、天井川として有名ですが、平成14年(2002年)に草津川放水路が完成し、草津市青地町より西側(琵琶湖側)の旧草津川は廃川となりました。 私は、旧草津川はほとんどが人工河川と考えており、当協会で刊行している […]Continue reading «新近江名所圖会 第328回 天井川は生きている-草津市草津川跡地公園»

新近江名所圖会 第327回 お薬師様のご利益を求めて-栗東市安養寺

薬師堂

 安養寺は、安養寺山の麓に建てられた、お寺です。奈良時代に聖武天皇の勅願により、良弁が開いて薬師如来を祀ったのがその始まりと伝えられています。初めは法相宗でしたが、平安時代に空海が中興したさいに、真言宗に改めました。14 […]Continue reading «新近江名所圖会 第327回 お薬師様のご利益を求めて-栗東市安養寺»

新近江名所圖会 第326回 転ばぬ先の杖-大津の明治29年の水害碑を中心に(その2)

善念寺石垣碑

※第326回からの続き ◆おすすめPoint ◇善念寺裏の石垣(大津市大萱3丁目)  第2は大津市大萱3丁目の善念寺裏の石垣に洪水時の水位が刻まれています。石垣の上には「この下の横線は琵琶湖大洪水明治廿九年九月二十三日の […]Continue reading «新近江名所圖会 第326回 転ばぬ先の杖-大津の明治29年の水害碑を中心に(その2)»

1 / 3412345...102030...最後 »