江戸時代に盛んに刊行された『名所図会』は、寺社・旧跡・地名・景勝地などの由来や来歴の解説と、景色を描いた挿絵からなる案内地誌です。
『新近江名所図会』は現代版『名所図会』をめざし、定番のスポットから知る人ぞ知る隠れたスポットを、おすすめPointを交えながら紹介していきます。
江戸時代さながら、滋賀の名所に足を運んでみては!

新近江名所圖会 第327回 お薬師様のご利益を求めて-栗東市安養寺

薬師堂

 安養寺は、安養寺山の麓に建てられた、お寺です。奈良時代に聖武天皇の勅願により、良弁が開いて薬師如来を祀ったのがその始まりと伝えられています。初めは法相宗でしたが、平安時代に空海が中興したさいに、真言宗に改めました。14 […]Continue reading «新近江名所圖会 第327回 お薬師様のご利益を求めて-栗東市安養寺»

新近江名所圖会 第326回 転ばぬ先の杖-大津の明治29年の水害碑を中心に(その2)

善念寺石垣碑

※第326回からの続き ◆おすすめPoint ◇善念寺裏の石垣(大津市大萱3丁目)  第2は大津市大萱3丁目の善念寺裏の石垣に洪水時の水位が刻まれています。石垣の上には「この下の横線は琵琶湖大洪水明治廿九年九月二十三日の […]Continue reading «新近江名所圖会 第326回 転ばぬ先の杖-大津の明治29年の水害碑を中心に(その2)»

新近江名所圖会 第325回 転ばぬ先の杖-大津の明治29年の水害碑を中心に(その1)

酒井神社石碑

 異常気象というべきでしょう。毎年、全国で地震や集中豪雨、台風による自然災害が頻発しています。河川の決壊による住宅の浸水や流失、土砂崩れによる生き埋めなど悲惨な災害が繰り返されています。  第218回『新近江名所圖會』で […]Continue reading «新近江名所圖会 第325回 転ばぬ先の杖-大津の明治29年の水害碑を中心に(その1)»

新近江名所圖会 第324回 新しいのか?古いのか?最北の前方後円墳-長浜市塩津丸山古墳群- 

写真2 塩津丸山古墳群遠景(写真左側の木立の中に1号墳・2号墳が所在、右側の高まりが4号墳)

 琵琶湖の最北端、塩津の地に1基の前方後円墳と3基の円墳で構成される古墳群があります。その名は塩津丸山古墳群。滋賀県最北部に所在する古墳群として知られています。 古墳群が築かれた場所は、古代末から中世の港跡、塩津港遺跡か […]Continue reading «新近江名所圖会 第324回 新しいのか?古いのか?最北の前方後円墳-長浜市塩津丸山古墳群- »

新近江名所圖会 第323回 信楽焼の歴史が学べる信楽焼ミュージアム ―リニューアルオープンした信楽伝統産業会館―

写真1 信楽伝統産業会館新館外観

 中世の遺跡・遺構の発掘調査を担当することもよくあるのですが、その際に必ずと言っていいほど出土するのが、信楽焼の焼締陶器です。大甕の破片も多いですが(もともと大きいので)、やはり擂鉢の出土が最も多いです。古いものだと擂り […]Continue reading «新近江名所圖会 第323回 信楽焼の歴史が学べる信楽焼ミュージアム ―リニューアルオープンした信楽伝統産業会館―»

新近江名所圖会 第322回 「あ!踏んでる!」 隠れた撮影スポット-㏌滋賀県立安土城考古博物館(その6)

八幡社古墳群46号墳第1石室(東近江市)の復元模型(実物大)

 例年の4月から7月の安土城考古博物館は、近江八幡市や東近江市などの小学校や中学校が団体で来館されるのですが、今年は新型コロナの影響で団体見学が少なく、静かなような、さみしいような毎日でした。 ◆おすすめポイント  さて […]Continue reading «新近江名所圖会 第322回 「あ!踏んでる!」 隠れた撮影スポット-㏌滋賀県立安土城考古博物館(その6)»

新近江名所圖会 第321回 戦国時代の神社建築-草津市新宮神社

本殿

 南草津駅東側に位置する草津市野路一帯は旧東海道がその中心部を通り、平安時代後期から鎌倉時代にかけて「野路宿」が置かれた交通の要衝の一つでした。野路の名は『玉葉』や『十六夜日記』といった古記録などにも見られ、「萩の玉川( […]Continue reading «新近江名所圖会 第321回 戦国時代の神社建築-草津市新宮神社»

新近江名所圖会 第320回 「ウサギとカメ」の学びの館-豊郷町旧豊郷小学校 

写真2 「ウサギとカメ」の像

 豊郷町旧豊郷小学校は、テレビアニメ「けいおん」ゆかりの地として人気のある場所です。「けいおん」は、私立桜が丘女子高等学校の軽音部を舞台とした青春テレビアニメで、2009年から2010年にかけて放映され、アニメの舞台をめ […]Continue reading «新近江名所圖会 第320回 「ウサギとカメ」の学びの館-豊郷町旧豊郷小学校 »

新近江名所圖会 第319回 牛に引かれて善光寺参り-栗東市新善光寺 

新善光寺山門

 新善光寺は、JR手原駅の南側を通る、旧東海道沿いにある浄土真宗のお寺です。  鎌倉時代中期に、平重盛の末裔である小松宗定という人が、平氏の供養のために信濃の善光寺阿弥陀如来坐像の分身を招来したのがその始まりとされていま […]Continue reading «新近江名所圖会 第319回 牛に引かれて善光寺参り-栗東市新善光寺 »

新近江名所圖会 第318回 幻の近江のお茶を求めて(その2) 

滋賀県農業試験場果樹園跡の石碑

 滋賀県内には、今は知られていないけれども、かつて茶が栽培されていたところがあちこちにありました。今回は膳所について触れてみます。膳所はかつて一時期茶が作られたものの、いまはほとんどそのことを知る人はいません。 膳所には […]Continue reading «新近江名所圖会 第318回 幻の近江のお茶を求めて(その2) »

1 / 3312345...102030...最後 »