江戸時代に盛んに刊行された『名所図会』は、寺社・旧跡・地名・景勝地などの由来や来歴の解説と、景色を描いた挿絵からなる案内地誌です。
『新近江名所図会』は現代版『名所図会』をめざし、定番のスポットから知る人ぞ知る隠れたスポットを、おすすめPointを交えながら紹介していきます。
江戸時代さながら、滋賀の名所に足を運んでみては!

新近江名所圖會 第355回 やっと拝観できた山上の本堂―桑實寺(くわのみでら)―

写真4 桑実寺本堂

 近江八幡市安土町にある滋賀県立安土城考古博物館に通勤するようになって、1年と4か月。しかしその間、JR琵琶湖線安土駅と博物館を自転車で往復するばかりで、安土町内の史跡・名所をまったく見られていないことに、ずっと不完全燃 […]Continue reading «新近江名所圖會 第355回 やっと拝観できた山上の本堂―桑實寺(くわのみでら)―»

新近江名所圖會 第354回 地名の由来になった遺構が残る遺跡―石居廃寺跡(いしずえはいじあと)―

写真2 礎石(中央のくぼみは柱を固定する加工)

 琵琶湖から流れ出す瀬田川には、琵琶湖の水位と下流に流れていく水量を調節する瀬田川洗堰(あらいぜき)が設けられています。この洗堰から東側へ1.6㎞ほどの距離に、石居廃寺跡は位置しています。その場所は瀬田丘陵の南側で緩やか […]Continue reading «新近江名所圖會 第354回 地名の由来になった遺構が残る遺跡―石居廃寺跡(いしずえはいじあと)―»

新近江名所圖會 第353回 オタマジャクシと2本の大木―多賀町飯盛木(いもろぎ)―

写真1 手前は男飯盛木、奥の赤い車の後ろが女飯盛木

 皆さんはNHKで毎週放送されている「チコちゃんに叱られる!」はご存知ですか?チコちゃんという名の5歳児設定の着ぐるみが、芸人の岡村隆史さんとゲストの大人達に素朴な疑問を投げかけ、答えられないと「ボーっと生きてんじゃねー […]Continue reading «新近江名所圖會 第353回 オタマジャクシと2本の大木―多賀町飯盛木(いもろぎ)―»

新近江名所圖會 第352回 異世界へようこそ 居並ぶお地蔵さんと風車―愛荘町湖東三山・金剛輪寺―

写真3 地蔵菩薩像(平場)

 愛荘町の金剛輪寺(こんごうりんじ)は、百済寺(ひゃくさいじ)・西明寺(さいみょうじ)と並んで湖東三山(ことうさんざん)の一つとして、紅葉の名所として有名です。湖東地域のみならず滋賀県を代表する天台宗の寺院の一つです。 […]Continue reading «新近江名所圖會 第352回 異世界へようこそ 居並ぶお地蔵さんと風車―愛荘町湖東三山・金剛輪寺―»

新近江名所圖會 第351回 擬宝珠(ぎぼし)に残る江戸時代のおもかげ―瀬田の唐橋―

写真3 「天明五年」と「明治八年」の銘文の擬宝珠

 近江八景の一つ「瀬田の夕照」で知られる瀬田の唐橋(写真1)については新近江名所圖会第42回・第58回にて紹介されていますが、今回は少し違った視点から唐橋をご紹介したいと思います。  唐橋は古代より畿内と東日本を結ぶ橋と […]Continue reading «新近江名所圖會 第351回 擬宝珠(ぎぼし)に残る江戸時代のおもかげ―瀬田の唐橋―»

新近江名所圖會 第350回 鉱泉好きにははずせない―世継のかなぼう―

世継のかなぼう

 滋賀県は、琵琶湖を中心に、その源流域から河口部までのさまざまな水界が存在します。  とりわけ、米原市は県下最高峰の伊吹山の源流域から山麓、川の中下流域、平野部など、さまざまな地形環境に多様な湧水が見られる地域ですが、湖 […]Continue reading «新近江名所圖會 第350回 鉱泉好きにははずせない―世継のかなぼう―»

新近江名所圖会 第349回 ちょっと昔の白髭神社―西近江路をたどる―(後編)

写真1 白髭神社前を通る江若鉄道(昭和44年 福田静二氏撮影)

     湖中の鳥居で有名な白髭神社周辺にはいろんな見どころがあります。今回はちょっと昔の神社周辺の様子の続きです。 車と鉄道の西近江路   時代の流れに乗り、昭和の初めに道の拡幅工事と江若鉄道の敷設がほぼ同時に行われま […]Continue reading «新近江名所圖会 第349回 ちょっと昔の白髭神社―西近江路をたどる―(後編)»

新近江名所圖会 第348回 ちょっと昔の白髭神社―西近江路をたどる―(前編)

写真1 白髭神社の古写真(絵葉書より)

 湖中に佇む鳥居の景観とパワースポットとして人気の白髭神社は、日本遺産「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」の構成文化財として認定されています。神社の縁起等については新近江名所圖会第24回でも紹介されていますが、 […]Continue reading «新近江名所圖会 第348回 ちょっと昔の白髭神社―西近江路をたどる―(前編)»

新近江名所圖会 第347回 ライフラインに思いを馳せる ―近江八幡市立郷土資料館―

写真2 近江八幡市郷土資料館外観

 当ホームページの「調査員オススメの逸品」第221回で、大津市大津廃寺の発掘調査で見つかった江戸時代の水道遺構が紹介されていました。これと同じような水道遺構を、私も調査した経験があります。私が調査したのは、同じく「調査員 […]Continue reading «新近江名所圖会 第347回 ライフラインに思いを馳せる ―近江八幡市立郷土資料館―»

新近江名所圖会 第346回 きのこファンの聖地? ―菌(くさびら)神社―

菌神社本殿

 今回は、全国のキノコファンや、発酵・醸造・バイオテクノロジー等の関係者が多く訪れる菌神社を紹介します。  菌神社は、草津から守山に抜ける旧中山道に近い場所にある、江戸時代を通じて膳所藩領であった中沢集落の西端に建立され […]Continue reading «新近江名所圖会 第346回 きのこファンの聖地? ―菌(くさびら)神社―»