『調査員のおすすめの逸品』は、芸歴○○年を誇る調査員がこれをぜひ皆様に知ってもらいたいという豪華な一品?を取り上げ、それにまつわるエピソードをまじえながら紹介をしていきます。毎月2回、隔週の掲載を予定しています。

調査員のおすすめの逸品 No.108 三人の王様-滋賀県立安土城考古博物館の復元モデル-

後期の王様

 滋賀県立安土城考古博物館には、三人の王様が勤務しています。第1常設展示室の最奥部に、「少年隊」よろしく三人並んでいます。それぞれ、安土瓢箪山(ひょうたんやま)古墳(近江八幡市)の被葬者、新開(しんがい)1号墳(栗東市) […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.108 三人の王様-滋賀県立安土城考古博物館の復元モデル-»

調査員のおすすめの逸品 No.107 関津遺跡出土の角錐状石器

角錘状石器

 今回ご紹介する角錐状石器は、田上山系北麓に瀬田川が接する地点、大津市関津1~3丁目に所在する関津遺跡の発掘調査で出土しました。この石器は、後期旧石器時代に使われたものですが、滋賀県内では初めて出土しました。  角錐状石 […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.107 関津遺跡出土の角錐状石器»

調査員のおすすめの逸品 No.106 男性のシンボルを持つ木偶

左から大中の湖南遺跡2体、湯ノ部遺跡3・2・1・4号、烏丸崎遺跡1体

 野洲市旧中主町の湯ノ部遺跡からは、1991年の発掘調査で4体の木偶が見つかっています。木偶とは木で作った人形(ひとがた)のことで、弥生時代のお墓などから出土することが多いようです。  湯ノ部遺跡の木偶は、小さい順に1~ […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.106 男性のシンボルを持つ木偶»

調査員のおすすめの逸品 No.105 草津市中畑遺跡のガラスルツボ

ガラスるつぼ

 草津市矢倉1丁目に所在する中畑(なかはた)遺跡は、草津川放水路(新草津川)の建設に伴って発掘調査が行われ、奈良・平安時代の建物や井戸などが数多く発見されました。建物には大型で立派な構造のものもあり、遺物も釉を施した高級 […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.105 草津市中畑遺跡のガラスルツボ»

調査員のおすすめの逸品 No.104 内部構造を探るとっておきツール-X線写真装置-

104-01

 遺跡から出土した遺物の内部を調べるために、X線写真装置を使用することがあります。これは、私たちが体の健康状態を調べるときに、レントゲン検査をするのと同じです。例えば、古墳から出土した鉄製の剣や刀などは、長年土に埋もれて […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.104 内部構造を探るとっておきツール-X線写真装置-»

調査員のおすすめの逸品 No.103 醒井餅-近江・醒井の自然と歴史が育んだ“名産”-

宿場町を流れる清流・地蔵川

 今から15年ほど前、近江の街道資料を調べていたところ、米原市柏原宿歴史館で開催されていた企画展『みち・ひと・まち-坂田郡の街道・宿場展-』で、「醒井餅」の包み紙に出会いました。  JR東海道線を米原駅からひと駅東にいく […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.103 醒井餅-近江・醒井の自然と歴史が育んだ“名産”-»

調査員のおすすめの逸品 No.102 黄色いタンク

軽トラの上の黄色いタンク

 わたしたちが担当する発掘調査のほとんどすべては、道路工事やほ場整備などといったさまざまな開発行為により、遺跡に支障がおよぶために遺跡の記録を詳細に取る事前調査です。ですので、調査する遺跡を選ぶことはできません。遺跡は滋 […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.102 黄色いタンク»

調査員のおすすめの逸品 No.101 天下の「バッタモン」-北谷11号墳出土「鍬形石」-

北谷滑石

 「バッタモン」と言う言葉をご存じですか? 「超安売り品」「正規ルートでない品」などを意味する隠語です。大阪では「パッチモン」とも言います。ようするに、ちょっと買うのをためらうような胡散臭い商品です。今回は、古代の「バッ […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.101 天下の「バッタモン」-北谷11号墳出土「鍬形石」-»

調査員のおすすめの逸品 No.100 祝100回!! -鴨稲荷山古墳出土 金銅製飾履レプリカ-

鴨稲荷山古墳出土 金銅製飾履レプリカ

 「炸裂!16文キック!」  偉大なる格闘家であらせられるジャイアント馬場さん、その必殺技にテレビ(もちろん白黒)の前の私は熱狂の時を過ごしました。そして、兵器とも言い得る16文(16×2.4=38.4㎝)の巨大な「おみ […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.100 祝100回!! -鴨稲荷山古墳出土 金銅製飾履レプリカ-»

調査員のおすすめの逸品 No.99 火起こし道具(舞い錐・火きり臼)

火起こし器

 「火」は、明かりをともしたり、お湯を沸かしたり、あるいは料理をしたり、寒い季節に暖まったりするために、昔から利用されてきました。「火」を起こす方法には、大別すると、木と木をこすり合わせて火種を作る摩擦式発火法と、硬い石 […]Continue reading «調査員のおすすめの逸品 No.99 火起こし道具(舞い錐・火きり臼)»