滋賀県埋蔵文化財地域展Ⅲ 米原市編2「縄文人のアートとキッチン」

Exif_JPEG_PICTURE

相谷熊原遺跡(東近江市)出土土偶


 今年で3回目となりました滋賀県埋蔵文化財地域展、昨年に引き続き米原市を取り上げ「縄文時代」に焦点をあてて展示を行います。
滋賀県埋蔵文化財センターを会場に夏休み期間中、縄文人の美的センスと食卓をお見せする展示をします。

※展示会場で配布していたパンフレットはコチラからダウンロードできます。(PDF約5.7MB)

開催期間:令和3年7月22日(木祝)~令和3年8月31日(火)終了しました
開館時間:9:00~17:00(開催期間中は無休)
開催場所:滋賀県埋蔵文化財センター(大津市瀬田南大萱町1732-2・滋賀県立図書館の東側)
主な展示遺物:相谷熊原遺跡出土土偶(東近江市)、筑摩佃遺跡出土土偶(米原市)、入江内湖遺跡出土漆器(米原市)、六反田遺跡出土土偶(彦根市)
主な展示遺跡:起し又遺跡(米原市)、番の面遺跡(米原市)、入江内湖遺跡(米原市)、粟津湖底遺跡(大津市)、弁天島遺跡(近江八幡市)

カテゴリー: お知らせ, イベント案内, イベント配布資料, ダウンロード   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。