滋賀県埋蔵文化財センターロビー展示「ずっと昔の琵琶湖のほとり」

 琵琶湖は400万年の歴史を持つ世界でも有数の古代湖で、そのほとりでは2万年以上前から人間が暮らしていました。そういった人々と琵琶湖との関わりは、湖底遺跡・湖岸遺跡という形で現在にまで残されており、発掘調査によって多くの知見がもたらされています。
 今回の展示では、「琵琶湖総合開発事業」に伴って約20年に渡り実施された発掘調査で発見された成果の中から、縄文時代~古墳時代を取り上げ、琵琶湖に関わる人々の暮らしを遺構写真や遺物で紹介しています。また、併せてトピックコーナーとして「湖辺のマツリ」と題して、関連する出土遺物を展示しています。

会  期:平成27年9月9日(水)~平成28年7月8日(金) 土日・祝日・年末年始は休館

開館時間:9:00~17:00

会  場滋賀県埋蔵文化財センター(大津市瀬田南大萱町1732-2)

入場料:無料(予約は必要ありません)

主な展示遺跡:赤野井湾遺跡(守山市)・粟津湖底遺跡(大津市)・小津浜遺跡(守山市)・針江浜遺跡(高島市)・烏丸崎遺跡(草津市)等

問い合わせ先:滋賀県埋蔵文化財センター 077-548-9681(9:00~17:00 / 土日・祝日・年末年始休館)

案内のチラシがダウンロードできます

カテゴリー: お知らせ, イベント案内   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。