平成28年度連続講座の受講者募集のお知らせー受付は終了しました

 発掘調査を担当した調査員が、発掘・整理調査で得た成果をわかりやすく県内外の多くの方々に伝える【新発見・発掘調査員が語る近江の遺跡と歴史】を、今年度も、開講します。
 
内  容
時間 13:30~15:15(講座は約1時間30分)   
【第1回】 5月10日(火)「愛知川の水害との闘い―東近江市土位遺跡の調査から―」(神保忠宏)
【第2回】 6月14日(火)「栗太郡衙と古墳群-栗東市岡遺跡の調査から―」(辻川哲朗)
【第3回】 7月12日(火)「金森西遺跡を総括する―琵琶湖周辺の古墳時代集落―」(小林裕季)
【第4回】 8月16日(火)「京極氏墓所を探る-米原市清滝寺・能仁寺遺跡をめぐって―」(中川治美)
【第5回】 9月13日(火)「縄文ムラの実像を探る―東近江市下羽田遺跡の調査から―」(中村健二)
【第6回】10月11日(火)「琵琶湖舟運の拠点港の実像を探る―長浜市塩津港遺跡の調査から―」(重田勉)
【第7回】11月15日(火)「松原内湖遺跡を総括する―湖辺集落の変貌―」(小島孝修)
【第8回】12月13日(火)「琵琶湖の船の考古学―長浜市塩津港遺跡出土船部材の意義―」(横田洋三)

実施場所 滋賀県立図書館 大会議室

募集定員 100名(申込先着順)

受講料 講座8回分として4,000円(初回一括)

申込方法
 電話による申し込みのみになります
申し込みの際には、下記の内容をお伝えください。
・氏名
・住所
・緊急の連絡先
※募集期間~平成28年4月28日(木)ただし、定員になり次第申し込みの受付を終了します 受付は終了しました

お申込み先・お問合せ先
公益財団法人滋賀県文化財保護協会 連続講座係
(電話)077-548-9780  (受付時間:平日9:00 ~ 17:00)

開催案内のチラシはこちら

カテゴリー: お知らせ, イベント案内, 連続講座   パーマリンク

コメントは受け付けていません。